読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在 宅 介 護 の 日 記

2016年2月1日 転倒により頸髄損傷となった父(受傷時67歳)の看護・介護の記録です。

集中治療室に入る

2016年2月2日

ほとんど眠らず朝。

病院から「集中治療室に入れてもいいですか?」と電話がある。

「お願いします」と返事をして、少し仕事をして病院へ。

手足が動かず、肺の機能も低下している父は、痰が絡んだ時、そのまま詰まって窒息死するリスクがあるとのこと。ICUは看護師の数が多いので、目が行き届きやすいのだとか。

喋るものの、仰向けのまま、手足がまったく動かない父。

救急の部屋から、ICUへベッドで移動する。