読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在 宅 介 護 の 日 記

2016年2月1日 転倒により頸髄損傷となった父(受傷時67歳)の看護・介護の記録です。

集中治療室に入る

2016年2月2日ほとんど眠らず朝。病院から「集中治療室に入れてもいいですか?」と電話がある。「お願いします」と返事をして、少し仕事をして病院へ。手足が動かず、肺の機能も低下している父は、痰が絡んだ時、そのまま詰まって窒息死するリスクがあ…

看護のはじまり

2016年2月1日の深夜に病院から電話。父が救急車で運ばれたのこと。 病院についたのは2時頃。本人は検査中で、面会できず。かと言って帰る訳にもいかず、待合室で待機。父と一緒にいた人によると、父は、飲み屋を出たとき、転んで、そのまま動けなくな…

自己紹介

2016年2月1日深夜 私の父(当時67歳)は、転倒により頸髄損傷となりました。看護や介護と無縁の日々から一転、いつ終わるともわからない介護生活がスタートしました(2017年4月の今も介護はつづいています。)・どこまで回復するのか? ・本人…