読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在 宅 介 護 の 日 記

2016年2月1日 転倒により頸髄損傷となった父(受傷時67歳)の看護・介護の記録です。

看護のはじまり

2016年2月1日の深夜に病院から電話。
父が救急車で運ばれたのこと。

病院についたのは2時頃。
本人は検査中で、面会できず。
かと言って帰る訳にもいかず、待合室で待機。

父と一緒にいた人によると、
父は、飲み屋を出たとき、転んで、そのまま動けなくなったとのこと。

検査が終わり、救急のベッドに案内されると、
イタイタイとわめく父がそこにいた。

看護師が、父の腕を持ち、その手を放すと、ドスンとベッドの上に落ちる。

瞬間「ああ、これはダメも知れない」と思う。

詳しい検査は明日以降になるといわれ、帰宅。4時。