読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在 宅 介 護 の 日 記

2016年2月1日 転倒により頸髄損傷となった父(受傷時67歳)の看護・介護の記録です。

自己紹介

2016年2月1日深夜 私の父(当時67歳)は、転倒により頸髄損傷となりました。看護や介護と無縁の日々から一転、いつ終わるともわからない介護生活がスタートしました(2017年4月の今も介護はつづいています。)

・どこまで回復するのか?

・本人や周りの生活はどうなるのか?

公的支援は受けられるのか?

 

受傷当時は、看護に忙しく、心の余裕もないまま、日々が過ぎていきました。

1年経った今、当時を振り返り、また今も続く看護生活を綴ることで、同じように家族の看護をされている方に少しでも、参考になることがあれば良いなと思います。